「自分の病気は自分で治す」と決意した人に自律神経を整えて免疫力を上げる療法の情報を提供します

乳ガンといわれて病院放浪 N様(女性 東京都)

  • HOME »
  • 乳ガンといわれて病院放浪 N様(女性 東京都)

乳ガンと宣告されて、たくさんの病院に行きました。

いろいろな体験を積んで、わかったことは、「自分の病気は自分で治す」ことが大事だとわかりました。納得できないこともありました。結果的に、自分が納得した方法で、頭ではなく身体がいいと判断した方法を選択することがいいと実感しています。

 

<治癒へのプロセス>

2016年1月末 左胸にしこり発見

定期健診を受けた結果、左胸にしこりが見つかりました。

原因は、ストレス。家族との関係に生じているストレスに違いありません。

2016年2月末 乳ガンと診断される

乳腺クリニックでしこりの検査を受けたところガンと診断されました。

病気になる前は、本当に調子が悪く疲れやすく、ずっと食欲もなかったので何かあるだろうなと感じていました。胃が悪いのかと思って検査しても「胃はきれいです」といわれました。
まさか検診で乳ガンがみつかるとは思ってもいませんでした。

クリニックで見つかった左胸のしこりは、1cm弱だったので、「外科的手術の後、たぶんホルモン治療をすることになるでしょう」と医師からいわれ専門の病院を紹介されました。

たとえガンになっても手術はしない!

これは、以前から思っていたことなので、違う治療をしようと考えました。

そう考えるようになったのは、16年ほど前。父の膵臓ガンの経験からです。
父は、すい臓ガンになり、いろいろ調べて、自律神経免疫療法の福田稔先生のことを知り、治療をお願いしようと連絡をしたところ半年待ちの状況といわれました。すごく良い治療とうかがって受けたかったのですが、父は、残念ながら半年後、亡くなってしまいました。

2016年3月から 永野医院の治療を開始

父の病気をきっかけに、様々な本を読み、いろいろ調べ、当時から永野医院にうかがって、永野院長からお話を聞いていました。
父のようにならないために永野先生の治療を受けることにしました。

しかし、簡単に永野医院での治療を決めたわけではありません。
実はその前に、自律神経免疫療法を行なう他の先生のクリニックで、気診やお灸をしていただいたのですが、治療方法や治療料金など、納得できない点が多くありました。それで、治療をやめて、永野先生の所にうかがうことにしました。

永野医院の治療は、波動水、交流磁気ベッド、刺絡をしていただいています。最初は1週間おきに行っていましたが、やがて3週間に1回くらいとなり、今はいかなくてもよくなっています。
ただ、すすめられた「みどり」という石の粉をお湯で煮立てて、上澄みを飲むものは、飲むと気持ち悪くなり私の身体には合いませんでした。

何しろ、永野先生、こんな治療費用で成り立つのかしら?と心配するくらい安いのです。

ポイントは血液検査です。

血液検査の白血球分画検査で自律神経と免疫のバランスがわかります。
リンパ球の割合が、35〜41%が理想で健康な状態です。
それよりも低いと、交感神経が緊張している状態、それよりも高いと副交感神経が優位になっている状態です。
いずれも病気です。

永野医院で測定した結果、一回目の血液検査ではリンパ球は25%でした。
交感神経優位状態で病気。
2016年夏にはリンパ球は40%に上がり食欲もでてだいぶ体調がよくなりました。

さまざまなガン治療法

とにかくネットで検索したり、本を読んで、行ける限りの様々な治療を試しに行き話を聞きました。

●三井温熱療法
がんを発見したときは、水曜日と日曜日以外、週5日ずっと三井とめこ先生直弟子の三井温熱療法に通いました。
光線治療、ドーム治療も行いました。治療は一回一時間半ほど。

●気功
3月からは週に1回習いに通い、とても忙しい思いをしました。
そこでは手術をした方がたくさんいて、体験談などを話すのですが、私が「西洋治療を何もしていない」というと驚かれて、なんとなく通いづらくなり行かなくなりました。
毎朝2時間歩くように指導されましたが、独特のフォームなので人に見られたくないので、毎朝4時起きでした。
眠る時間が少なくなりとにかく疲れてしまいました。

●薬を使わないガン治療(テラヘルツ陶板浴)
香川県まで足を運び、テラヘルツ量子波を使った陶板浴、波動、テロメア値の測定、オ-リングテストなどを行いました。
そこで調べた結果、「右胸にもしこりがある。ステージ3」ともいわれ、目の前が真っ暗になって帰ってきました。

*それで永野医院に行ってその話をするとそんなことないのにな~とおっしゃいました。

その後、夏の間とか香川には3回ほど行きました。一度行くと1週間滞在して治療を行います。
料金は、かさみ、体調も悪くないのでやめました。
何が本当かはわかりません。
ここでは従業員の人が辞めて変わってしまうことがあり、院内で何かあるかもしれないとひそかに感じていました。スタッフが頻繁に変わるのは、おかしいのです。

●歌山県「テラヘルツ量子波ドーム」

2日間テラヘルツ量子波ドームに入り、全身に浴びる体験をしました。時間外にも関わらず丁寧に説明していただき、超ご高齢のお医者様は親切でしたが、通い続けるのは……。

●酵素療法
鶴見にある酵素療法の話を伺いに行きました。
でもここでは、先生は、患者の話を聞かず、ご自身の治療がいかに素晴らしいかをとうとうと述べられ、資料を山ほど頂き、全身の臓器が見られる機械で、私の内臓を見て「こんなに悪い人は診たことがない」とまでいわれました。初診料5万円、「無料のサウナドームに入って行きなさい」といわれ30分入ったところ、あまりの高温で気分が悪くなってしまいました。帰りに看護師さんのお話を伺うと、今後のサプリメント代は1ヶ月で19万円の上に、これもあれもと、水や、ホルミシスの衣類など、あれもこれも勧められ、それが30万円。
これは無理だと思い、一回で失礼することになりました。

これまで本を30冊くらい読んで、納得できる療法に通ってきたつもりでした。
しかし、実際に行ってみると、内情は違いました。

●六本木Nクリニック
歯も心配だったので本を読んでとても良いと感じた六本木の診療所に行きました。
血液検査の結果を持参したので見せると、先生は、それに基いて「口呼吸が駄目だ」といわれ、必要な器具やサプリメント、オーリング、歯の治療などで15万円ぐらい支払って購入ました。
先生に自分の病気に対して「何をしたら良いか」とたずねると、「抗生物質を飲みなさい」といわれ、山ほどいただきました。ここでも、先生は、自分の学説をずっと述べられ、印刷物をたくさん出し、そして様々な症例を説明され、全部治るという話でした。私の病気の発症や経過は一切聞かれませんでした。
「抗生物質を使用して免疫力は上がるのですか?」とたずねたところ、答えをいただくことはできませんでした。
また、乳がんの患者さんで、途中で来なくなった患者さんがひどくなっているのを知って、先生は、自分のところにこなくなったからひどくなったという暴言を吐いて、さらに悪化した写真まで私にみせました。
私としては、その方がとても気の毒でした。
自分も通わないと他の患者さんにいわれるのかなと、医師である前に人としてどうなのかなと思ってしまいました。

●横浜にあるオーリングとマイクロ波の診療所
本で読んで一度行きたいと思っていたのですが、3ヶ月待ちといわれあきらめかけていたところ、新設のところを紹介され行ってみることにしました。
9月の半ばに1度行き、診ていただいたところ、「ガンエネルギーがありますが、しこりがあってもガンエネルギーがなくなればよいので治療しましょう」といわれ、週2回で、7回通ったところで、先生からガンエネルギーがなくなっていると説明を受けました。

●天然鉱石シール療法
新橋にある松永ひろきクリニックにいって天然鉱石シール療法を受けてみました。
松永先生からは、「半年前に何か肉体的な疲労がなかった?」と聞かれました。
左の胸にできる乳ガンは肉体的疲労が原因だそうで、私は半年前に確かに肉体的な疲労があったので驚かされました。
天然鉱石シールは、研修も受けましたが、確かに貼ると変化があるのですが、とてもかゆくなり肌がかぶれてしまうので断念しました。

●漢方診療所

8月1日からから漢方診療所に通院
目白の漢方診療所に通い、今も漢方薬を飲んでいます。オーリングも使っています。10月頃に、横浜の診療所でガンのエネルギ−は亡くなっているといわれましたが、漢方診療所の先生によると、まだがンはあるといいます。

漢方の先生は、小さくなてはいるのでもう少し飲めばなくなるかもしれないとのことでした。
確かに触ると以前は盛り上がっていたしこりですが、高さがなくなって探さないとわからないほどに、平らになっていいます。

 

いろいろ行くと、何が本当なのかは、ちょっとわからなくなります。

●CSソックスとの出会い
永野医院で、先生がとてもよさそうな靴下をはいていました。うかがってみると、「高いけどいい靴下なんだよ」と教えてくださいました。永野医院の目と鼻の先にあるからと足ゆび養生処を紹介していただき、以来ずっと五本指の靴下を愛用しています。

同時に足をみていただくととても足指はとても冷えていて、浮き指でした。
靴下を2週間履くと体温が上がりました。
若石のフットマッサージを受け、浮き指も治り、血流もだいぶ良くなっています。

足の診断をしていただき足に合う靴も買いました。
足にフィットして気持ちよくて他の靴が履けなくなるほど快適で手放せず毎日履いています。

 

私はガン患者です。
普通の病気なら、この薬がだめならこっちの薬と変えられるのでしょうが、膵臓ガンで亡くなった父のこともあったので、ガンは時間との戦いのような気がして、心配性ゆえに二重、三重の注意が必要と考え、あらゆる治療を経験しました。今元気でいられるのは、様々な治療の相乗効果なのかもしれません。ですが、いろいろな治療法やいおいろなお医者様がいるのは確かです。

今後も自分で体験して、納得できて、合うと思う治療を受け、自分で患部をさわってわからなくなったら超音波の検査で確認してみようかと考えています。

今はとても元気で、食欲もあり、ガンがわかったときとは全く違います。
ストレスの原因になっていた家族にもがんであることを話して、本当に中野良い家族になることができました。

体重は、病気になる前の体重に戻りました。
ガンの波動もなくなり快適な毎日を過ごせています。

最期は、後悔しないように自分自身の思いで治療を選ぶことが、大事なことだと思います。

 

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-5304-0840 受付時間10:00~18:00(火曜、木曜、金曜)

人生のことのは

カテゴリー

PAGETOP